スリランカツアー

2010年5月に行ったツアーのご報告です

スリランカの太陽

学校のデモンストレーション

5月12日は、宿泊しているスリランカ中部のポロンナルワの2つの学校でソーラークッカーのデモンストレーションをやることになっています。学校デモンストレーション
そのうちのひとつの学校…この地域一番の学校だそうです。学校は小中高一貫校で、1年生から12年生まで2000人の生徒を擁する大きな学校です。その学校で新しい校舎ができたので、オープンセレモニーの賓客として招かれたのです。セレモニーやその前後のことは改めてお知らせするとして、今回はソーラークッカーのデモンストレーションについてお知らせします。
長い長いオープンセレモニーの後、校庭にソーラークッカーを並べました。ちょうど昼休みなので、100人くらいの子供たちが集まってくれました。日本人の一行や、初めて見るソーラークッカーに興味津々の様子で、たちまち大きな輪ができました。スリランカの子供たちは、大きなクリクリした澄んだ目をしています。そして心からの笑顔がこぼれ、日本の子供たちにはない活き活きとした表情を見せてくれます。そしてとてもフレンドリーで、いろいろと話しかけたり、胸にかけたシンハラ語の名札を見て呼びかけてくれます。学校のデモンストレーション
大勢の子供たちが集まったところで、日本語で話し、それを英語→シンハラ語に訳してもらい説明しました。パンケーキができること、お湯が沸かせることを実際に体験してもらいました。
続いて一行はあわただしく荷物をたたんで次の学校に。午後の放課後の時間に合わせて行く約束となっています。
着いたのは先ほどの学校とはくらべものにならないこじんまりとした学校。廻りを木に囲まれ、農園もあります。こちらは小中一貫校で、1年生から10年生が学んでいます。一学年は20人くらい、割と貧困な家庭の子供が多いそうです。教室は4つくらいしかないようです。50人ほどの子供たちが私たちを待っていてくれました。数人の先生も参加してくれました。ジャヤラットさんのお兄さんが校長をしているので、訪ねることになったのです。学校のデモンストレーション
こちらは先ほどの学校ほどの混雑はなく、ゆっくりと説明をすることができました。みんなでそろって記念撮影をすることもできました。
学校の先生から、このような機会を作ってくれてありがとう。そしてこれを契機に子供たちが環境のことに興味を持ってくれたようなので、学校の授業でも活かしていきたいという感想をいただきました。

さて、最初の学校の話に戻ります。
一通りデモンストレーションが終わった時に、ある子供が何かを差し出してくれました。紙…たぶんノートを破いたものでしょう、いろいろと書いてあります…を蛇腹に折って扇子のようにしています。もうひとつは丸くなっています。紙にはSRILANKA JAPAN Thank youと書いてあります。どうやらわざわざ作ってくれたようです。 手作りソーラークッカー
「ソーラークッカーです」と、たぶんその子は言ったと思います。よくみると確かにソーラークッカーの形をしています。
このソーラークッカーのデモンストレーションは、スリランカにソーラークッカーを寄付するということより、その仕組みを知ってもらい、現地で作ってもらいながら普及してもらいたいという夢があります。
このような子供が、すぐに紙で作ってくれたことに、大きな希望を見る気がしました。
日本から持っていったソーラークッカーは、地元で普及してもらうためにサルボダヤと学校に寄付してきました。寄付された方々のお名前はこちらをご覧ください。




特定非営利活動法人 ミレニアムシティ/東京都練馬区上石神井1-11-12/TEL:03-3929-4663/FAX:03-3929-7188/E-mail:info@npo-mc.com