ミレニアムシティのこれまでの活動

ページの簡易説明が入ります

トップページ >> くりもとミレニアムシティ >> ミレニアムシティのこれまでの活動

これまでの活動

くりもとミレニアムシティは、2001年の11月に最初のアイデアが生まれました。そのアイデアをもとに事業を組み立て、参加者の募集をはじめたのが2002年2月の第1回現地ワークショップです。その後、数回にわたる現地ワークショップで参加者を募りました。
たくさんの方にご参加いただき、2002年12月には事業を行うために有限会社を設立。COYACOYAクラブやくりもと実行部会で事業や設計を検討し、2003年5月に着工し、同年12月に完成しました。
その後、毎月現地でワークショップを行い、施設を充実させると共に、自然や農業に親しむ施設として活用しています。

多彩な現地ワークショップ

くりもとミレニアムシティでは、毎月ワークショップを行っています。
これまでのワークショップのテーマはいくつかに分類されます。1つは「農作業体験」。くりもと地球村の協力をいただきながら、畑の収穫を手伝ったり、田植えや稲刈りをしています。
2つめのテーマは「セルフビルド」。ビオトープづくりや露天風呂づくり、土壁や土舗装など、自分たちでできることは、楽しみながら手作りをしています。
3つめテーマは「セミナー」。いろいろな方に講師においでいただき、お話を伺ったり、創作をしています。
4つめのテーマは「地域を知る」。地元の栗源町をはじめ、近隣のいろいろな方と交流したり、いろいろな施設を見学して、人のつながりを作ろうとしています。
5つめのテーマは「親と子の学びあい」。自然や農業を通して、親子で学びについて考え、活動しています。
6つめのテーマは「祭」。いろいろな節目ごとにたくさんの方々にご参加いただき、「祭」を行っています。

農作業体験~稲刈り
セルフビルド~ビオトープづくり

セミナー
見学会~愛農生産組合

COYACOYAクラブ

COYACOYAクラブとは、ガラスの温室の中に建てるCOYAのデザインを検討する部会です。ガラスの温室の中では雨と風の心配をしなくてもいいので、その分自由にデザインすることができます。また、現地ワークショップでは実物大の骨組みを参加者の協力のもとに組み立て、その構造やスケールなどを体感しました。これによって、自分たちで組み立てる(セルフビルド)の可能性も検討することができました。 いろいろな検討をする中で、COYAを2階建てにする案が生まれました。デザインのモチーフは「和風」を基調として統一することも決められました。

COYA模型
現地ワークショップ~小屋づくり

くりもと実行部会(通称くりの実)

くりもと実行部会とは、くりもとミレニアムシティの建設と運営を検討し、実行する部会です。くりもと実行部会が発展して、参加者による有限会社を設立し、事業が本格的にスタートしました。現在も毎月会合を行いながら、運営と維持管理を行っています。



特定非営利活動法人 ミレニアムシティ/東京都練馬区上石神井1-11-12/TEL:03-3929-4663/FAX:03-3929-7188/E-mail:info@npo-mc.com